【旅行記】チェコで花開いた私の白樺花粉症のお話

BLOG
ponko
昨年9/26 のブログ記事の再編版です。「旅行用薬リストと白樺花粉症のお話」

白樺はあの北海道に生えてる幹が白い素敵な木です。シラカンバと呼ばれたりもします。 スギ花粉が圧倒的に多い日本ですが白樺アレルギーは北ヨーロッパや北海道ではメジャーな花粉症アレルギーです

チェコに行く前の私

チェコ旅前の私は白樺花粉症の自覚はなくリンゴや桃を食べると喉が痒くなるな、唇腫れるな、ちょっと心臓の鼓動が早くなるかな?くらいの軽めのフルーツアレルギーレベルでした。

症状は数時間でおさまるので病院も行ってませんでした、何科に行けばいいかもわからなかったし。フルーツに気をつけて生きていくって感じでした。

犬猫とヨモギのアレルギーは自覚があったので市販の鼻炎アレルギー薬は旅行には携帯していました。

チェコ到着後

チェコのプラハ空港到着後ホテルに移動。手配した車から景色を眺めて

PONKO
白樺もあるし景色が北海道に似てるなぁ、なんか落ち着くなぁ

と呑気に景色の既視感でテンション上がってました。チェコ郊外は農業が盛んで景色が富良野や帯広に非常にそっくりで綺麗で広大な畑が広がります。

赤茶の屋根の素敵な景色

今回もひとり旅、しかも英語圏ではない国への挑戦でワクワクが止まらないぜ!状態でした。

緊急事態発生!!

翌日、プラハ城に向かって散策し野生のリスと戯れたりしながら城の門に到着し「いざお城の中へ!」という時に

いきなりの目眩。

後日撮影した現場です。プラハ城入り口。

あまり目眩の経験もないので、石畳の柄に目が慣れてないかな?なんて思いましたが。全然違いました。明らかに道路がぐわんぐわん波打って歪んで見えてます。

エクセルみたいな石畳

一旦スタバに避難。休憩するも景色はどんどん歪み平衡感覚が保てない感じになり私の中で赤いアラートランプが点灯し始めました。

これはやばい、チェコの平和なスタバで失神して倒れたくない!こんな素敵な場所で嘔吐したくないし救急車も乗りたくない。

あわててラテほとんど残して市電に乗ってホテルに帰りました。

部屋に入った途端しおトイレに駆け込みしばし上下マーライオン状態です。さらにひどい頭痛も始まります。

マーライオン祭り会場です

30分ほどで上下マーライオン祭りは落ち着きおトイレからは出てこれました。

が、頭痛だけがバファリン飲んでも治らず部屋で呆然としていました。とりあえず水だけは必死に飲んでました。

食べ物かな?とも思っいましたが昨夜は日本から持ってきた「赤いきつね」と、朝はビュッフェのパンとコーヒーだけ。むしろ食べ物が貧祖すぎ。。。生理も関係ない。

PONKO
なぜだ? なにだ? なんなんだーーー????

この素敵なベッドでのたうち回る



出来ることをしてみる

もどしていたとは言え、バファリンを短時間で何回も飲むことに抵抗があったので、試しに市販の鼻炎アレルギー薬飲んだら、

30分で全ての症状がケロッと治りました! 夕立の雲がさーーーっと引いて晴れるように治りました!!

えーアレルギーだったの〜と治った事にホッとしながら驚いてました。

旅は続く

一旦回復はしたのですが、とても残念な事に1日2回飲むアレルギー薬があと2日分、旅行は1週間の日程。

全然数が足りない!

ベランダにずっといた私の相談相手、鳩子。

英語圏じゃないところで薬局やお医者さんはかなりハードル高いですよね。市販薬買うにしてもパッケージがチェコ語。結局店員さんに英語で相談する必要がある。。そして、アレルギーかどうかしっかり検査したわけでもないのに薬を飲む勇気が持てない。。。

とりあえず薬局を探しました。一番近くの薬局はドアと窓に鉄格子ついてたのでショッピングモールの薬局へ。

薬剤師さん相手にかなり頑張りましたが、結果、「病院行け」と。「処方箋もらってこい」と言われました。ごもっとも!

ついでにオーガニックハーブ系のお店にも立ち寄り相談しましたが「既に症状出てる人には何も出来ない、病院行け!」と、こちらもごもっとも!!

モールでウダウダしてたら雨が降ってきました。ラッキー!

雨と夜間は花粉とばないんです。天気予報見たら小雨が何回か来そう!

私、雨女で良かった。 

結果旅行は、雨に救われて晴れの日中だけ薬飲んでやり過ごせました。

 

プラハは美しく楽しい街で良い旅行になりました!




後日談

その後札幌で、アレルギーチェックの血液検査をしたら花粉症いっぱい持ってました。杉は全く反応出てません。

中でも白樺花粉症の反応が飛び抜けて高かった。そして花粉症も花粉が強いと目とか鼻水通り越して頭痛、めまい、嘔吐、下痢、発熱というひどい症状が出るそうです。

その後検索たら、北ヨーロッパでは白樺アレルギーがメジャーという事。チェコとお隣ドイツの白樺は名産という事が判明。確かに妊娠線に効くので有名なヴェルダのバーチオイル訳したら白樺だわーー

思い返してみたら、私チェコに行く数年前からゴールでウィーク前後は体調崩す事が多かったんですよね。5月病にかかりやすいんだと勝手に思っていましたが、じわじわアレル源を体に蓄積してたんでしょうねぇ。恐ろしい。

忍び寄る白樺花粉。まさかのチェコ旅行中に大開花です。

そんな訳で、私はアレルギー持ってないわ!って方も旅先では何が起こるかわかりません。お薬は荷物にもなりません。必ず数種類持って行ってくださいね。私は旅行数日前から整腸剤飲んで旅先での便秘を予防したりもしてます。内臓もベストコンディションで旅に出る、それでこそプロトラベラー。

 

民間療法?

エルダーフラワー

チェコでヨーロッパの白樺花粉症について色々検索していると、現地の方々は対応として「エルダーフラワー」のシロップやハーブティーを飲む事が判明。アレルギーの事を除いても「エルダーフラワー」シリーズはお茶でもシロップでもキャンディでもとても美味しいです。

エルダー茶と美味しいチョコレート

IKEAでもシロップが出ています。現地の食品のお茶コーナーにもあるし、ドラッグストアには風邪症状向けのレモン味が加わった粉末のシロップもありました。その後、ハーブティー屋さんやヨーロッパ行くと必ず探して買ってきてます。 効き目のほどは謎ですが、ぜひお試しください!

効き目はないですが美味しいし、なんとなく効きそうな気持ちになれるのでぜひ!

PONKO
ポン・ボヤージュ